社風・雰囲気

採用情報のタイトルビジュアル

当社の社風

  • 社風社長室なし、朝礼なし、会議も最低限

    当社にはなんと社長室がありません。社長は部長クラスと並んで座っています。
    社長室があって社長がそこにいたとしても、社長には周りの声が聞こえてきません。
    社長は皆の声を常日頃から聞いていたいのです。
    また、社員も社長に話しかけやすい環境になり、相乗効果が生まれます。

    朝礼もありません。当社はフレックス勤務体系を採用しており、
    10:00~15:00がコアタイムとなっています。
    つまり、朝は10時までに出勤すればよく、個人の予定やプロジェクトの進捗状況に合わせて出勤しています。

    さらに、無駄な会議をしないのも当社の方針です。
    その代わり、社員の座席周辺では様々な意見が飛び交っており、時には本当に皆の声がうるさいくらいに
    意見が活発な時もありますが、いちいち会議室にこもって話し合うのではなく、
    常日頃から座席でコミュニケーションをとり、お互いの認識を高めています。
  • 社風社員の意見が制度に反映することも

    当社は社員が意見を出しやすいのが特徴です。
    これまで、社員から社長まで上がってきた意見として取り入れた制度実績には、「インフルエンザ予防接種費用
    会社負担」「東京本社内に飲料の自動販売機設置」「ビジネスカジュアル導入」等があります。

    カジュアルは毎週金曜日だけの実施でした。しかし、2011年夏からは毎日カジュアルOKに拡大されました。
    モニターは出張が多く、出張時はスーツですが、内勤日はカジュアルで出勤しています。
    皆の評判もかなり良いです。
  • 社風向上心が大切

    当社は自由な社風であるがゆえに、社員一人ひとりが成長できるかどうかは、その人自身の根本にある
    「向上心」に関わってきます。向上心がなければ、なかなか伸びていきません。

    常に目標を持ち、困難なことにも積極的にチャレンジする人は、どんどん伸びていきます。
    逆に向上心やチャレンジ精神がない人は伸びていきません。
    「伸びない」ということは、実は「停滞」ではなく「後退」を意味します。周りが伸びていくわけですから、
    伸びない人は置いていかれます。つまり「後退」になるわけです。
    そうならないためには、先輩社員等まわりの社員を巻き込んで、一緒に成長していくことです。
    コミュニケーションがとても大切な職場ですから、どんどん他人を巻き込んで、
    自分自身が成長していくことが重要です。