社長挨拶

会社概要のタイトルビジュアル

製薬企業の皆様

日本のGCPも改訂を重ねるうちにICH-GCPとの差がなくなって参りました。
医薬品の開発戦略においては、国際共同治験が主流になりつつあります。

治験のGlobal化に応じて治験実施計画書や症例報告書の英語化が進み、
さらにEDCの導入や医療機関では電子カルテの普及が進んでいます。
近年、このように日本における治験環境の変化はますます激しくなっております。

これらの治験環境の大きな変化に加え、FDAやEMAが日本の治験の質に注目してきたことから、
もはやモニタリングはPMDAのみならず世界各国の規制に配慮して、手厚く実施することが求められ、
モニターの質がますます重要となっております。

Vision: 患者様に新薬をお届けするための架け橋となる。
Mission: 迅速かつ、最高品質のCRO業務を提供する。


MEDICROSS(メディクロス)という社名は、
医療(medical)と虹の架け橋(rainbow cross bridge)を語源としています。

製薬企業の皆様が新薬を患者様にお届けするための架け橋となるべく、
迅速かつ最高品質のCRO業務をご提供します。

私たちは独力でマネジメントのできる「自立したモニター」の育成に取り組んでいます。
環境の変化に適応できるようにモニターを教育し、品質管理体制を整え、
製薬企業の皆様のご期待にお応えできるよう日々努力を重ねております。

当社への入社を希望される皆様

当社が提供している主なサービスはモニタリング業務及び品質管理・品質保証業務です。
実際には、モニターや品質管理担当者たちの能力そのものを提供していると言えます。
つまり、当社にとって社員が財産であり、会社の力そのものです。

社員の成長は、会社の成長を意味します。
そのため、当社では社員の教育研修に大きな力を注いでいます。

新卒入社の皆様には3ヶ月に及ぶ導入研修で臨床開発の仕事を学んでいただきます。
当社はチューター制を導入しておりますので、1人前のモニターになるまで
OJTとoff-JTによりしっかりサポートいたします。

中途入社の皆様には、経歴に応じて継続研修が用意されています。
特に「先輩シリーズ」と銘打った研修プログラムでは、後輩の育成や問題発見の力を
身につけるテーマなどを取り入れて研修を行っています

当社のVision & Missionに共感される、新薬を開発したいという熱い気持ちをお持ちの皆様を募集しています。