メディクロスについて

会社概要のタイトルビジュアル

メディクロスの意味

当社は、治験(臨床試験)をサポートする企業として、2007年3月に設立いたしました。
現在、東京本社と大阪支社の2拠点でモニタリング業務を中心に受託しています。
設立以来、小規模な臨床試験から大規模な新薬開発までを手掛けるなど
着実に実績を積み重ねてきております。


メディクロスという社名は、医療(medical)と
虹の架け橋(rainbow cross bridge)を語源としています。

会社のロゴは、Medicrossの略称である「MC」の
「M」と「C」の2文字から構成されており、
さらにグラデーションがかかっているのが見て取れます。
このグラデーションは虹をイメージしています。

株式会社メディクロスの看板

パーソルグループとの連携でCRO業務を拡大

当社は2015年9月にパーソルHDの傘下に入ることを表明いたしました。
今後はパーソルグループの営業ネットワークをはじめとした経営資源を活用し、
医薬品開発受託事業をより一層拡大させてまいります。
当社のさらなる飛躍にご期待ください。

日本臨床試験学会に加盟

当社は2010年に日本臨床試験学会へ加盟いたしました。
同会が主催するGCPパスポート認定試験は、広範囲に
臨床開発に必要な知識を問う難解な問題が出題されます。

当社に従事するモニター(CRA)や品質管理担当者は、
この認定試験に合格することで、認定モニターとして
より一層自信を持って業務を遂行することができます。

握手

多様なサービス

当社の経営の柱は医薬品開発業務です。
しかし、医療機関をはじめとして、様々なクライアント様から、
「他の業務でもサポートできないか」という声を聞き、そのご要望にお応えできるよう、
様々な業務に取り組んでおります。是非お気軽にご相談下さい。

また、充実した研修プログラムのご提供も可能です。多様なサービスを提供し、
クライアントの皆様のご要望にお応えすることが私たちの喜びです。